もうひとつの空海伝 まえがき

十年以上も前のことです。
西吉野の光明寺住職村岡空氏、郷土史家の辻本武彦氏のお二人に「空海の道」についてお話しを伺ったことがありました。

村岡氏から―――京の大学を抜け出した空海が真っ先に向かった先は比蘇寺だったと思う。そこは渡来僧が多く居て治外法権的な寺であった。大学を無断で飛び出した行為はひとつの犯罪行為とも言えたので、そこへ逃げ込むのは空海にとって都合が良かったのではないか。比蘇寺は求聞持法の道場にもなっていたので、空海はそこで求聞持法の手ほどきを受けたのだろう…と。
辻本氏はこの意見に同意され、さらに空海が修行に向かった高野山への道筋について―――西吉野から高野山へ行く道は、今の奥駆け逆峯修行に一部を使う道筋とは違う道が古代にあった。それは「聖なる道」で、現在の吉野山を通らず、下市から南に向い、平原の熊野神社を経て銀峯山へ上り、波宝神社の社頭を通る道である。昔、高野山への奥駆けの折には、先ず波宝神社に参詣するという習わしであった。このような慣習があったということは、「空海が初めて高野山へ向かった時と同様の道を辿るということではないか」―などというようなことを両氏が話してくださったのです。

この時、吉野での修業時代の「若き空海」をいつかは書いてみようと思ったのでした。
それから十年を経た昨年、空海ゆかりの地を訪ね歩き、空海について書かれた資料(本・史料)等、ひと通り読み直しました。
でも、宗教者の枠を超えた偉大な人物、空海はとても描けません。
それで、自分が進むべき学問の道に悩み、修行に明け暮れ、恋にも悩む、等身大の青年修行僧空海を、物語として書いてみようと思います。

   平成28年9月10日初版/海風社
 
●その他空海の周辺については、以下をクリックしてご覧ください。
            ここをクリック→ 「空海伝の覚書」